金貨の値段

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金貨の値段は購入時期により変わります。金の相場は日々変動しているためです。金貨は質量が少ないため、金地金と比べて少ない予算で購入可能です。それぞれにデザイン加工されていますから、見て楽しむメリットもあります。

金貨しかし金貨を購入する場合は、目的をはっきりさせる必要があります。金貨には購入時の金の相場価格に加え、加工費用、輸送費などの鋳造コスト分が上乗せされています。そこが金地金と違う点で、金貨の種類によっては金地金よりコストがかかる場合があります。投資目的で金貨を購入する場合は、金地金と金額を比較する必要があります。

しかし金貨には金地金にはないプレミアムがつく場合があります。どれだけの金額が上乗せされるかは金貨の種類により様々です。記念硬貨やアンティーク金貨など希少な物の場合は、金貨自体の金額に加えて希少価値分としてプレミアムも高くなります。特に記念硬貨は硬貨の状態により価格が大幅に変わります。コレクション品のため、開封済み、傷ありの効果は価格が下がります。また記念硬貨の種類によっては買い取り手がいないなどの理由でプレミアムがつかない場合もありますから、投資目的の場合は何を購入するかが重要です。