金貨の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金貨にはアンティークコインと呼ばれる古い物や、比較的最近発売された記念硬貨など様々な種類があります。金貨の中でも特に人気なのは古い外国金貨です。限られた枚数しか現存しない希少価値と歴史性から、コレクターの間では高値で取引されています。

金貨日本の古銭も希少価値はありますが、外国性に比べると価格は下がる傾向にあります。江戸時代の大判小判は高値で取引されますが、小さい金貨は出回っている数が多いため取引価格は下がります。また小判は純粋な金でできている事は少なく、後になって作られたものほどコスト削減のために銀が多く混ざっています。金としての価値ではなく、古銭としての価値で取引した方が良いでしょう。明治時代の金貨になると、種類により価格に大きな差が出てきます。大量生産された金貨もあるため、種類によっては数千円で取引される事もあります。

プレミアムがつく可能性が高い金貨として、記念硬貨があります。オリンピックやワールドカップなどの大きなイベントを記念して発売される事が多く、種類によっては額面の数倍~十倍まで価格が上がります。逆に額面分の価格しかつかない物もあります。その場合は銀行で換金する方が良いでしょう。

古銭と呼ばれる昔の金貨は骨董品です。こちらは銀行での換金ができません。古銭を取り扱っている買い取り業者への依頼が必要です。