金貨の値段

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金貨の値段は購入時期により変わります。金の相場は日々変動しているためです。金貨は質量が少ないため、金地金と比べて少ない予算で購入可能です。それぞれにデザイン加工されていますから、見て楽しむメリットもあります。

金貨しかし金貨を購入する場合は、目的をはっきりさせる必要があります。金貨には購入時の金の相場価格に加え、加工費用、輸送費などの鋳造コスト分が上乗せされています。そこが金地金と違う点で、金貨の種類によっては金地金よりコストがかかる場合があります。投資目的で金貨を購入する場合は、金地金と金額を比較する必要があります。

しかし金貨には金地金にはないプレミアムがつく場合があります。どれだけの金額が上乗せされるかは金貨の種類により様々です。記念硬貨やアンティーク金貨など希少な物の場合は、金貨自体の金額に加えて希少価値分としてプレミアムも高くなります。特に記念硬貨は硬貨の状態により価格が大幅に変わります。コレクション品のため、開封済み、傷ありの効果は価格が下がります。また記念硬貨の種類によっては買い取り手がいないなどの理由でプレミアムがつかない場合もありますから、投資目的の場合は何を購入するかが重要です。

金貨の種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

金貨にはアンティークコインと呼ばれる古い物や、比較的最近発売された記念硬貨など様々な種類があります。金貨の中でも特に人気なのは古い外国金貨です。限られた枚数しか現存しない希少価値と歴史性から、コレクターの間では高値で取引されています。

金貨日本の古銭も希少価値はありますが、外国性に比べると価格は下がる傾向にあります。江戸時代の大判小判は高値で取引されますが、小さい金貨は出回っている数が多いため取引価格は下がります。また小判は純粋な金でできている事は少なく、後になって作られたものほどコスト削減のために銀が多く混ざっています。金としての価値ではなく、古銭としての価値で取引した方が良いでしょう。明治時代の金貨になると、種類により価格に大きな差が出てきます。大量生産された金貨もあるため、種類によっては数千円で取引される事もあります。

プレミアムがつく可能性が高い金貨として、記念硬貨があります。オリンピックやワールドカップなどの大きなイベントを記念して発売される事が多く、種類によっては額面の数倍~十倍まで価格が上がります。逆に額面分の価格しかつかない物もあります。その場合は銀行で換金する方が良いでしょう。

古銭と呼ばれる昔の金貨は骨董品です。こちらは銀行での換金ができません。古銭を取り扱っている買い取り業者への依頼が必要です。

金貨の購入

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ネット金貨の購入方法は複数あります。一番簡単な購入方法は貴金属店での購入です。特別な手続きは不要で、アクセサリーと同じ感覚で購入できます。支払い方法も店舗によってはカード払い対応しています。インターネット通販をしている店もありますから、まずはネットで調べてもいいでしょう。

但し中には偽物を扱う悪徳業者もいます。購入時はその店が信頼に値するかどうか見極める必要があります。特に格安を謳っている場合は要注意です。安く販売されている場合は何故安いのかを考えるようにしましょう。販売店舗に直接問い合わせを入れ、信頼に値するか判断の材料にする方法もあります。

また金貨は傷があると価値が下がります。傷を理由に安くなっている場合は、投資用としてなら避けた方が無難です。コレクションとして金貨のデザインが好きと言えるなら、現物を見た上で購入しましょう。

投資や資産として金貨を購入するなら、金地金含めて金を専門に取り扱っている店舗を選ぶ方法があります。手数料が発生する場合がある事、多くの店舗が現金のみの取り扱いである事、一定金額以上の購入には身分証明書が必要という制約はありますが、その分信頼ができます。偽物を買わされて購入資金が無駄になる事に比べたら安い買い物です。

古銭を購入したいなら古銭取り扱い業者が適しています。鑑定精度は店によって違いますから、こちらも信頼できる店かどうかを見極める必要が出てきます。次のページでは金貨の種類、値段について説明します。